学生ローンに不安はある?


学生専用融資を利用する上で不安も結構あるのではないでしょうか。特に学生ローンで返金を滞納してしまうと、あとあと結婚してからなど住宅ローンなど払えなくなるのではないかという不安を持っている人もいます。確かに滞納をしてしまうとブラックとしてすべて記録されてしまいます。しかしよほどのことでなく、一般的な滞納程度であれば5年で履歴は残ります。普通に学生ローンを利用して、うっかり滞納程度なら心配はありません。

他にも就職などの場合の内定取り消しになることについても、不安を持っている学生もいます。学生ローンの利用が就職や就職内定に響くことはありません。信用情報機関を利用するのは登録を受けた金融業のみです。そのためそこまで調べることはできないのです。またもし就職先が金融関係であっても、信用情報機関を利用するのは、貸付についての調査以外は使えないという法律があるので基本的には影響はないのです。

また学校や親、バイト先に知られる可能性を不安視している学生もいます。しかしこの辺も50万円以下のローンであれば、特に親、学校、バイト先に連絡が入ることはなく、自分以外に知られる心配はありません。このように学生ローンを借りる際に、これらのことについて不安を抱いていることがほとんどでしょうが、安心して借りることができるはずです。

学生証と身分証


学生ローンの申込には、基本的に学生証と免許証が必要となります。もちろん免許証がないときには住民票や保険証などがあれば融資はOKです。またどうしても学生証しか提示できない場合は、理由を業者に説明して、納得してもらえば審査はとおる可能性もあります。しかし基本的には学生証と身分証は必須と考えておきましょう。

しかし業者によっては学生証も提出を求めないところもあり、その場合は学生と言っても実際は学生でなくても利用することができます。しかしこのような業者はそれを黙認して行っている業者ということもあるので、契約事項をしっかり確認しなければなりません。一般的な学生ローンを扱っている業者での審査では、やはり学生であることが条件づけられているので学生証は必要と考えましょう。

例えば住民票や本籍などをすぐに取りに行けない、地方に実家のある学生などは学生証しか見せることができないという場合もあります。業者によってはこのような場合は免除されるので、その辺もチェックして借りるといいでしょう。しかしほとんどの場合、健康保険証は持っているので、それが提示できないという場合は問題がある学生ということもあり、これを省略するかは相談次第となります。