メリットとデメリット


学生ローンは学生にとってはとても有り難いシステムと思われています。しかしメリットばかりではなく、デメリットもあることも知っておくことも大切です。メリットとデメリットを知った上で、上手に学生ローンを使うようにしましょう。まずメリットと言えば、やはり安定収入の基準が他のローンに比べてとても低いということになります。

一週間に数日のバイトしかしていない学生でも、学生ローンは借りることができるのです。学生は一般の社会人と違い、勉強が中心となります。そのためバイトの日数が少なくても学生が生活を送れるように、勉強ができるために貸付をしてくれるのです。またバイトの確認もなく審査も優しくなっているところもメリットではないでしょうか。

しかしデメリットとしては、どうしても金利が高くなります。銀行のカードローンの小口融資と比較すると高く、大体年利15%~18%となっています。また学生ローン専門の業者もたくさんありますが、この場合は小規模のためATMの利用ができないところがほとんど。銀行払いになるので、ちょっと面倒だとも言えそうです。好きなときに好きな場所での貸し借りができない場合も多いとも言えます。ただし、安易に貸し借りできない方が結果として借りすぎにならずにいいのかも知れません。

学生専門融資について


学生ローンについて考えてみましょう。学生ローンとは一体どういうものなのかというところから説明していくと、やはり最初は学生の便利のために、学生の多く集まる東京高田馬場が発祥の地とも言われています。学生ローンは消費者金融によって学生対象にしたサービスです。特に50万円以内の貸出が基本となっています。アルバイトなどの在籍確認がなく、安定収入の基準も低いのでとても緩い審査となっているため、ほとんどの学生が利用できるとも言われているものです。

学生ローンの定義としては消費者金融による小口融資で、学生本人にのみ貸出としたサービス。学生の親に対する融資は教育ローンとなっているので、学生ローンとはまた別になります。学生ローンはあくまでも学生自身に対する貸付です。貸出金額としては総量規制の関係で、実際に50万円を超える借金をする場合は年収が150万円以上が必要となります。そうなるとアルバイトの証明も必要になり、審査も断然難しくなりますが、50万円以内なら特に総量規制も関係なく審査も緩くOK。

また学生であれば普通に生活費や学費が足らない場合、50万円以下で十分のはずです。例えば賭け事、ネットビジネスなどのビジネスに手を出した場合など、一般の学生としての目的以外の借金は学生ローンの趣旨とは違ってきます。また学生ローンといっても社会人にも貸し出している金融業も実際にはあります。年収の証明や確認はまったく必要としませんが、年収があることは条件です。年収がある程度なければ返す当てがないということで緩い審査も通りません。